遠距離ではない通常の引越し

学校行事をするときに、「校歌」を歌うことはよくありますね。また、入学したときに覚えることのひとつにも校歌が含まれています。

私が通っていた学校の校歌は、昔ながらの表現が多く、特に、小学校の校歌は意味がわからないまま歌っていました。また、「校歌斉唱」という表現がありますが、私の卒業した小学校は「二部合唱」になっていたのです。しかし、ふだんは高音部だけが歌われており、低音部があることを知ったのは、高学年になってからです。ちなみに、私は、めったに歌わなかった低音部のほうも覚えています。

それと、校歌には学校名が入っていないことも多かったのですが、最近、合併した学校の「新校歌」には、学校名や、それに近い表現が入っているものもあります。私の市でも、いくつかの学校が合併して、校歌の歌詞が一般公募されました。自分も何回か応募しているため、歌詞づくりのための条件も知っています。

なお、昔のような表現ではなく、わかりやすい表現を心掛けることも条件になったケースもあり、時代の流れを感じています。