自分に似合う色の選び方

日本人の肌の色には大きく分けてブルーベースとイエローベースがあり、その簡単な見分け方を紹介します。

まず、ブルーベースは手首の内側を見て血管が青く見えたらブルーベース。

イエローベースは手首の内側の血管が緑っぽく見えたらイエローベース。

ブルーベースの人は青や白、青みがかったピンク、パステルカラーなどが似合います。

イエローベースの人は黄色、緑、オレンジや原色カラーが似合います。

化粧品やお洋服選びの際に好きな色だけどなんか違う?という時にはまず自分の色を知って、自分に合う色を選んでみると顔色が明るく見えてしっくりくるはず。

例えば同じピンクでも、ビビットカラーのピンクなのか、パステルカラーのピンクなのかで変わるはず。

ちなみに年配の女性の場合、ブルー系のメイクをするときは気をつけないと、血色が悪く見えたり、目の下のクマに見えたりするので要注意です。
できれば暖色系の中でもブルーが混ざってないピンクなどを意識してみて下さいネ。
着物買取を札幌市で頼むには