「スパンデックス」という素材について

最近人気のインナーに「加圧インナー」というものがありますが、皆さんは試したことがあるでしょうか?

加圧インナーには、非常に収縮性の高い「スパンデックス」という素材が使われているのですが、繊維の中でも色々と珍しい性質を持ち合わせた素材なんです。

製品の取り扱いにもかかわるところですので、予備知識としてスパンデックスのことについて書いてみたいと思います。

まずスパンデックスというのは「ポリウレタン繊維」とも呼ばれ、ゴムのように非常に伸縮性の高い素材になります。衣料用途としては単独で使われることはほぼなく、他の繊維の中に混ぜて使われるのが一般的で、コーティングや接着用に使用されることもあります。

その高いストレッチ性から、スポーツウェア等にも多大な影響を与えたと言われています。

ポリウレタンの性質としては、伸縮性の他にも耐熱性・強度がそこそこある等のポジティブな特徴がいくつかありますが、「経年劣化に弱い」という弱点があります。これは空気中の水分で加水分解を起こすという性質から避けられない特徴になっています。生地の中に数%含まれているだけでも、全体に影響を及ぼすので注意が必要です。

こちら金剛筋シャツはガリガリ痩せてる人に効果ないのか評価してみたなどにも加圧シャツの特徴などが書かれている通り、一般的に加圧インナーというものはそれほど寿命の長いものではないと覚えておくとよいかもしれませんね。