体調を崩してしまった時の対処法

季節の変わり目など急な環境変化で体調を崩してしまうことは意外と多いです。たいてい、疲れている時や気候にふさわしい服装をしていない時に風邪をひいてしまいます。
そんな時、早く回復するために私個人がいつもやっていることがあります。

1つめは夏でもお風呂に浸かってからだを温めることです。風邪をひいている時にお風呂に入ることについては色々な考えの方がいらっしゃいますが、私は熱すぎないお風呂に入り、体をぽかぽかにしてから上がって人肌くらいの温度の水分補給をして、すぐに寝ます。

体温を上げて免疫力をアップさせる目的ですが、その一方で入浴は体力を消耗させるので、しんどくてフラフラする場合には入りませんし、入らない方が良いと思います。あと出た後すぐに寝られない場合も、湯冷めするので逆効果です。

2つめはできるだけ栄養を摂るようにすることです。これもその時の症状と食欲に合わせています。胃腸が悪い症状の場合は逆で絶食してスポーツドリンクなどで水分補充だけして、消化臓器をなるべく休めるようにしています。

ただ、普通にご飯が食べられたり食欲がある場合には、普段よりも栄養バランスに気を配り、温かいもの、栄養価の高い物も摂り入れます。

3つめは一番大切なことなのですが、出来る限り身体をやすめることです。これが一番だと考えています。しっかり寝ることで身体は自分の力で体力を回復されます。薬だけ服用して休息が足りていない状況だと治りにくいです。

これは私個人がいつもやっている方法です。人によって、またそのときの症状にも合わせて臨機応変に対応していかないといけないと思います。

体力温存と栄養摂取を重視した生活へ