産み分けは、クリニックでゼリーを処方してもらえば確実だと思います

一人目は待望の長男を授かったので二人目はどうしても女の子を産み分けしたいと夫婦で意見は一致していました。

ネットで自分たちでできる産み分けの方法についてはたくさん掲載されていましたが、絶対に失敗したくなかった私たちは自宅近くで産み分けのゼリーを処方してくれる専門の産婦人科を探しました。

都心部なのでいくつかの候補の産婦人科クリニックの中から口コミが良かったクリニックに決めました。

産み分けを希望している人というのは予想以上に多いらしく、待ち時間も2時間近くでかなりの人気クリニックでした。

結果的には2回ほどピンクゼリーを処方されて無事に女の子を出産することができました。

もしこのクリニックでゼリーをもらっていなかったら、やはりどちらが生まれていたかわかりません。

産み分けには賛否両論あるかもしれませんが、私たち夫婦の意見としては産み分け自体はそれほど問題になることだとは思いませんでした。

長男と長女に恵まれ、とても幸せな毎日を過ごせているので全く後悔はありません。

ピンクゼリー