健康診断で内臓脂肪を指摘されたときに行うダイエット方法

見た目が痩せている人でも、実は内臓脂肪はたまっていると言いう方は決して少なくはありません。健康診断で内臓脂肪を指摘されて驚いたという方もいるかもしれませんね。では、この内臓脂肪を落とすためのダイエットはどのようにすればよいのでしょうか。

内臓脂肪を落とすためには、食事のコントロールがおすすめです。常温で白く固まるタイプの脂肪を含む食事を抑え、同じ油脂分であれば常温で固まらないタイプの脂を取るようにします。同じ油でも、常温で固まるタイプの脂は身体に蓄積しやすく、逆に常温で固まらないタイプの脂は、血管などに付着している脂を溶かし、老廃物と一緒に流すという働きを行ってくれます。ちょうど油汚れをオイルで落とすというのと同じような感覚と考えると分かりやすいですよね。

ただ、常温で固まらないタイプの脂も摂り過ぎれば余分なエネルギーとなるため、適度な量に収めることが必要です。あとは、食事の量に気を付けて余分なエネルギーをため込まないようにすること、適度に運動を行う事などを心がけることで、内臓脂肪は比較的落ちやすくなっています。同じ脂肪でも、皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が落ちやすいので、頑張ってみてください。