かなりハードなトレーニング

ヤマハはかつて2人のオートレースで勝つためにライダーを育てることに力を注ぎました。そのライダーを育てるために、静岡県の富士宮市内で合宿を行い、来る日も来る日もトレーニングを続けました。

それはレースのスタート地点である浅間神社からゴールの富士山表口2号目まで登山道を繰り返し走り続けるというものでした。かなりハードなトレーニングでしたが、ライダーたちは一生懸命にそのトレーニングに励みました。そのライダーたちをサポートしたのがヤマハの浜名工場の社員たちでした。このトレーニングにはサポートがどうしても必要でした。なぜならパーツがどんどんと消耗し、常に補給してゆかなければならないからでした。しかしながら、社員もライダーたちも優勝という目標に向かって一致団結し頑張り通しました。その結果大会当日YA-1に乗る岡田輝男が9分07秒を記録して125ccクラス優勝し、さらに10位内に4人もの選手が入り、結果としてヤマハのバイクの素晴らしさが全国に知られるようになりました。車買取 福岡