バルブタイミング

自動車のエンジンに、バルブタイミングと言う言葉があるのをご存知でしょうか?これをどのように説明するのが適切ということができるでしょうか?

例えば吸気用のバルブは、ピストンがシリンダーの中を一番上に上がってこれから混合気をすいこむときに開き、ピストンが一番下に下がって次は圧縮を始めるという時に閉じるという説明でしたら、どうでしょうか?また、排気バルブでは、燃焼・膨張行程を終えて下がりきったピストンが上昇し始める時に開き、燃え終わったガスをシリンダーの外へ追い出し始め、ピストンが上がりきったところで閉じるという説明は、どうでしょうか?実は、この説明は正しいものということができません。なぜでしょうか?確かに、理論上は正しい説明ということができますが、実際のエンジンではピストンが上がりきったときとか、下がりきった時にバルブが作動しているのではなく、その少し手前で開き始めていたり、少し過ぎてから閉じたりすることをしています。ですから、正確な説明と言うことはできないといえます。中古車高価買取・