5年以上前のクレジットカードの請求が忘れた頃に来たら?

クレジットカードの支払いを滞納したままわすれていて、5年以上後に請求書が届いたら返済しなければいけないのでしょうか?もしかしら時効では?と思うかもしれませんね。

5年前のクレジットカードの借金の支払い請求が送られてきた場合には、消滅時効が完成している可能性があります。

一般の民事上の借金については消滅時効の完成まで10年経過することが必要ですが、クレジットカード会社のように商事行為によって発生した債権については、特別に5年間の短期消滅時効が商法上認められています。

したがって、5年前より以前のクレジットカード会社に負った借金については消滅時効が完成しているので支払わない旨を明らかに伝えましょう。

消滅時効の援用した事実を証拠として残しておくために配達記録付き内容証明郵便を利用するのも良いでしょう。

注意すべきなのは、消滅時効の可能性が少しでもある場合には1円たりとも支払ってはならない、と言うことです。

1円でも支払ったということは、借金の存在を認める民法上の「承認」に該当する事実のため、一旦完成した消滅時効の効力がなくなってしまい、法的な支払い義務を引き続き負うことになるからです。