おでこに刻まれるしわ

思春期ニキビの発生ないしは劣悪化を止めるためには、毎日のルーティンを再検討することが欠かせません。極力胸に刻んで、思春期ニキビにならないようにしましょう。「皮膚がどす黒い」と苦慮している人にはっきりと言います。簡単に白いお肌になるなんて、絶対無理です。それより、リアルに色黒から色白になり変わった人が継続していた「美白になるための習慣」を真似したほうが賢明です。当たり前みたいに用いるボディソープなわけですから、肌にソフトなものを使うべきです。
続きを読む

乾燥肌に対しては

我々は多種多様な化粧関連商品と美容情報に取り囲まれつつ、毎日一生懸命スキンケアを実施しています。されど、それそのものが間違っているようだと、むしろ乾燥肌に見舞われてしまいます。洗顔の根本的な目的は、酸化してこびり付いている皮脂またはメイクなどの汚れだけを取り除けることだと思います。ですが、肌にとって貴重な皮脂まで除去してしまうような洗顔を実施している方も見かけます。
続きを読む

あるもの

肌にや指しい正しい洗顔の仕方を知っている人もやり方なので美肌力をあげるには化粧水を使えば肌への浸透率は少なくなるので、化粧水をつけても浸透するのもすでに始まっています。肌のストレスとなるだけでなくつけるタイミングが重要です。毛穴の黒ずみやたるみが 続きを読む

美白化粧品の効果と配合されている成分

美白化粧品は多くの方に利用されている商品ですが、配合されている成分や効果については、いくつか種類があります。同じ美白効果といってもタイプが異なる商品がるので、購入するときには含まれている成分や美白効果について確認するようにしましょう。美白化粧品の種類については、大きく分けて2種類の商品があります。
続きを読む

メイク落とし商品の正しい選び方

洗顔時に使用するメイク落としを購入する時は、適切な商品を選び、使い分けをすることが大切です。洗顔は毎日するものなので、自分の肌に合ったメイク落としでなければ、無用な肌トラブルに見舞われる可能性が高くなるので注意しましょう。またメイクの種類や顔の部位によって、メイク落としを使い分けることも必要です。
続きを読む

自分に似合う色の選び方

日本人の肌の色には大きく分けてブルーベースとイエローベースがあり、その簡単な見分け方を紹介します。

まず、ブルーベースは手首の内側を見て血管が青く見えたらブルーベース。

イエローベースは手首の内側の血管が緑っぽく見えたらイエローベース。

ブルーベースの人は青や白、青みがかったピンク、パステルカ 続きを読む

日本人の後頭部は絶壁が多い?

野球部だった時は坊主が嫌でしたが、大人になった今では少し坊主にあこがれています。坊主って髪の毛を洗う必要がないですからね。私の場合は季節の変わり目に頭皮がメチャクチャ痒くなります。たぶん皮脂の分泌量の変化が影響しているのかなと思っていますね。

ただ、坊主になるのは良いのですが、自分は頭の形が良くないんですよね。後頭部が絶壁になっています。頭蓋骨の形があまりよくないです。聞いたところによると日本人は後頭部が絶壁の人が多いそうです。所謂、ハチ張り絶壁という形ですね。それに比べて外国人は後頭部が張り出している人が多いそうです。

後頭部がつぶれて絶壁になってしまう原因としては赤ちゃんの時の寝姿が影響していると言われています。仰向けで寝ていると絶壁になるそうです。じゃあ、うつ伏せで寝かせるのが良いのかというと、うつ伏せは窒息の可能性があるので危険性があります。特に日本ではふわふわで柔らかい寝床で寝かせるため危険性が高いです。赤ちゃんの事を考えるなら絶対に仰向け寝が良いですね。

ちなみに赤ちゃんの頭の形を矯正するヘルメットもあるそうです。頭皮の形が歪んでしまった場合は検討してみてもいいかもしれませんね。

今回は頭の事を書きましたが、今は夏と秋の季節の変わり目です。はい、今、頭皮のかゆみが絶好調です。昨日もかきすぎてフケがポロポロ出ていました。これは何とかしないと思い、評判の良かったカダソンスカルプシャンプーを購入しました。コラージュと悩んだんですが、パッケージがお洒落なカダソンにしました。

しばらくこれを使ってみたいと思います。ちなみにネットサーフィンをしていたらカダソンスの最安値ページを見つけてここで購入しました。2本同時に購入すると安いそうです。

正しいスキンケアの知識を持つことが大事

お肌の悩みというものは、誰しもが一度は抱えた経験もあるでしょう。日頃から、きちんとスキンケアをしている人でも、お肌の問題に直面することは少なくないようです。肌にいいケアをするには、自分自身の肌質がどんなものなのかをしっかり理解しておくことがポイントです。肌にとっていいスキンケアができていれば構わないのですが、たまに根拠のない肌ケアを広めているような情報媒体もあります。
続きを読む